スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

内壁に 「 シラス壁 」 を塗る

JUGEMテーマ:家づくり / 設計ノート

 

・・・・・・

 

家を建てる時、建物の仕上げ ( 材料 ) は設計の段階で打合せ・検討 をし決定されます。

  - できれば建物の姿形が見えてきた施工段階で仕上げを決めたいと思われるでしょうが、
  - それは先の建築基準法の改正で非常に困難な仕組みになりましたので注意が必要です。
  - ・・・
  - 申請時の記載事項と異なる仕上げをする場合、再申請を求められる可能性もあります。

・・・・・・
・・・・・・

さて、家に住み始めると仕上材料は弥が上にも日々眼に入りますし肌に触れることになります。

 普通は視覚と触覚での好き嫌いに比重が

そして、その 視覚的要素と触覚的要素に人の好み は如実に現れるのです。
・・・
例えば、自然材料か工業素材か ( 言い換えれば、ローテク材かハイテク材か ) の好みの違い。
或いは、アースカラーか白 ( 黒 ) かのような色彩による好みの違い。

  - それがまた面白いのですが。正解はコレというものではありませんからね。

  中霧島壁 シラス壁

何れにせよ、視覚・触覚の要素が選定基準の大きな要素であることは疑いようがありません。
・・・
しかし、匂いや音も仕上によって当然変わることも確かなことですし、
近年は建材に含まれる 化学物質による健康被害への対処が何よりも優先 されねばなりません。

 空気環境への考慮が最優先

匂い以上に 空気環境への配慮 が大きな判断要素としてクローズアップされています。
一度発症したアレルギーは一生付き合っていかなければいけませんから重大です。

・・・・・・
・・・・・・

そこで、内装壁材として火山灰シラスを素材にした 「 シラス壁 」 を使ってみます。
○ 株式会社高千穂  「 シラス壁 」

  中霧島壁 壁の表情

ここで使用した製品は 「 中霧島壁 」 です。
塗り厚が 5mm ありますから、見た感じ、触った感触等昔の左官壁の質感を得られていると感じます。

 5mm 厚の塗り壁の長所・短所

4年経ちますが、長所に関してはメーカーのホームページ記載の特質を信じていいように思います。
・・・
但し、シラスという自然素材が原料ですので、
粒子が均一でないところがあったり、それ故の色むらに見える部分も当然ながらあります。
それもこういった塗り壁での表情の一部だと楽しめなければ、人によってはデメリットに映るかもしれません。

また下地への追従性はほとんど懸念することはないと感じますが、
大きな揺れの地震を受けて、下地の弱かった部分で本当に細かですが表に響くクラックが発生しました。

  - これは材料的、施工的特質からみて致し方ないです。
  - 使用場所の構造及び下地を充分にガシッと固めれば心配はいらないと考えています。
  - それにそれほど酷いクラックでもありませんし、これも塗り壁の味です。
  - 街中のRC打放しで散見するクラックのような酷さでもありません。

  - ・・・
  - 尚、経年による乾燥収縮クラックの心配は全くないように思われます。

  中霧島壁 ちょっとしたムラはある

元々のの製品自体にも数種類の色と仕上げパターンが用意されていますし、
部屋に差し込む陽の角度や時刻等によって色や表情が刻々と変わります。

その様はやはり塗り壁という表情、自然素材を好きな人には堪らない壁材 の一つだと言えます。
・・・
私は好きです。

  中霧島壁 陽を受けると暖かい風情
 


追記

ものをぶつけると欠けてしまう危険性はあります。

・・・

例えば掃除機を引きまわしてぶつけるとか、椅子を引いた時に当たてしまうとかです。

また犬や猫等のペットを家の中で飼われている方は、引っ搔きに対しては弱いので要注意です。

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL