スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

化粧水平材(梁・根太・垂木)で作り出す日本のリズム - 2

 

・・・・・・

 

現在の建築技術は、不可能と思えるような造形もいとも容易く作り出すことができます。

ですので「これはどうやって持っているのだろう?」なアバンギャルドな建物も増えました。

そういった造形が人目を惹き付けます。云わば マジック ですから。

 

 ・・・・・・

 ・・・・・・

 

確かに面白いのです。が、荷重をしっかりと受け止める造形もまた面白いのです。

それは古の木造建築が生み出した重力への素直な構造での解法、知恵です。

 ・・・

重さある物を、重力を、どう受けるかどう支えるかが確かな形として現れます。

働いている力の流れを素直に形で受ける。それは機能美と言っていいかもしれません。

 

 

 荷重を受けている構造架構を形として見せる

 

前回の記事では、床を受ける 根太を現わしで納める 手法について述べました。

またそれでこそ外観意匠に日本建築ならではのリズムを加味できるはずとも思います。

 ・・・

このマンションではその考え方に倣い、腕木で壁を受ける 形をそのまま現わして外観としています。

 

 

  化粧腕木

 

 

ご存知のように、ほとんどのマンションは住戸の外に 共用廊下とバルコニー をプランされますが、

それらは基本の 躯体から外に跳ね出す形 で造られるのが一般的です。

 

   跳ね出し、俗にキャンチレバーとかキャンチとか言われていますね。

 

構造的にはそれで十分、まったく問題ありません。朝飯前です。

ですが、古の木造建築ではこんなアバンギャルドなことはできません でした。

 ・・・

下から 方杖で受ける か、まずは 腕木のような梁を出して受ける か等の工夫が必要でした。

繰り返しますが、その造形が日本建築ならではの美しさを生み出していたように思うのです。

 

私にそのことを再認識させてくれたのが、例えば 丹下健三の香川県庁舎 等の建物です。

 

 

    丹下健三:香川県庁

    クリックで Google 画像検索ページ「 丹下健三 香川県庁 」を開きます

 

各階バルコニーの荷重を受ける腕木の小梁が、ピリリと引き締まったリズムを作り出しています。

 ・・・

躯体より跳ね出した部分を何かが下で支えるデザインは理に叶っていますし、何より腑に落ちます。

 

   このマンションでは、腕木がバルコニー前面の壁を受け支えるデザインとしました。

 

 

 構造意匠の腕木に他にも機能も持たせる

 

ところで折角作り出したリズムですから、昼だけではなく夜にもそのリズムを楽しみたい ものです。

マンションも家。暗くなっての帰宅時に、住む人が 「 じぶんち 」 の実感を確かめられるように。

 ・・・

そこで思い付いたのは 照明 でした。腕木の先端に照明を取り付けることを施工期間中に決定。

考慮したのは、周りの看板やネオン等の雑多で鮮やかな色に埋没しないこと。

 

辿り着いた答は、緑色の灯りを七つななつ星 です。

 

 

  化粧腕木

 

 

  おかえりなさい。

 

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL