スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

敷地隅切部に設けた階段(13Fマンション)のデザイン始末

JUGEMテーマ:家づくり / 設計ノート

 

・・・・・・

 

北側に幅員37mの道路、13F建ての賃貸マンション の計画。

 

既にボリューム出し及び簡単な各階プランが作られており、

しかしながら「どうにも様にならん。何とかしろ」ということで、私の手元にそのプランが。

 

・・・・・・
・・・・・・

冒頭に記したように北側に大通り、西側にも道路が走る角地です。

基本的に廊下やEV,階段等の動線部分はこの大通りに面して設けることを含め、

貰ったプランの大まかな配置計画は順当でほぼ順守します。

これは、エントランス動線は元より設置義務の駐車場、駐輪場や電気・水関係設備等の最適配置を検討した結果です。

 


■ 通りから最も目につく隅切部の階段をデザインし直す

敷地の北西角は隅切ですが、再検討後もここには階段を設けることに。

・・・

敷地に余裕もない上に角の一つを失うこの隅切、実にやっかいな存在ではありますが、

大通りからは 建物の顔 となる大切なポイントです。

階段自体がもっと主体性のある姿となるよう上手く処理せねばなりません。

階段をリ・デザイン
階段をデザインし直して建物の顔を創る


まずは隅切部の見得(姿)を整えます。

旧プランでは階段が形作る斜めの壁が上下に並ぶのでしょうが、私の好みではありません。

また上下階で階高が異なりますから、その斜めの手摺壁が揃わないことも嫌いな一因です。

 

隅切部は水平面で作れる踊場で なければとプランを作り変えます。

 

そもそも階段を形作る要素には斜めの面が数多く、

綺麗な見得(姿)を得る手は、全てを覆い隠すか、部分部分をどう分節するか のどちらかです。

今回は、立面上の斜め面は元より平面上の斜めの要素をどう分節して見得を創るかで悩むことになりました。

 

結果としては、階段耐力壁の延長線上の踊場に円柱を立て踊場の手摺を2分割、

階段部分の斜め手摺壁は踊場や廊下の手摺壁から面落ちの構成とすることで、

各面が分節された階段になるようデザインし直しました。

平面的にも立面的にも、斜めの要素を分離したと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

■ 階段を2分割する巨大な壁を創る

 

最終的に実施設計で、円柱ではなく 階段耐力壁をそのまま延長した巨大な一枚壁 に見えるよう修正しています。

通常、耐力壁の壁厚は250〜300mmありますから意匠的にも願ったり叶ったりです。

 

実施設計:階段詳細図

階段耐力壁を利用して巨大な壁を

 

階段の半分はこの巨大壁の裏に隠す形になりますから、その存在は殆どわかりません。

平面・断面的にも、踊場途中にある半端な角度をスマートに分節処理できます。

 

階段各部の寸法や防災観点から求められる開放性も、苦労しましたがもちろん検討せねばなりません。

 

また懸念の 隅切部手摺 は 巨大な一枚壁に自立して寄り添う見得(姿)となり、

大通りに向けた建物の顔として主体性のある存在になれたのではないでしょうか。

 

GranS.Ikeshita01

 

大通りからは踊場の手摺壁が見得の顔

 

 

ところで廊下と踊場は最近増えて来たガラス手摺ですが、一般的なそれとはちょっと違うのです。

写真を見ておわかりになるでしょうか?

・・・

そうです、スラブ(廊下・踊場の床)の小口を覆い隠す ガラス手摺で納めています。

通常はほぼスラブの上に乗るタイプですので珍しいかもしれません。

 

GranS.Ikeshita02

 

細々と面を増やさない。見得はシンプルが肝だから

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL